金買取の手数料はそれくらい取られる?

金買取の手数料はそれくらい取られる? 金買取を行う場合、業者によっては手数料が発生する場合があります。
金製品を買い取った後はそのまま利用するのではなくまずは一度とかしてから利用することが多い野ですが、その場合に金を溶かす為の溶解料や溶解したことによって目減りした分は、実は買取店の負担となります。
その為、買取店では赤字を出来るだけ出さないようにする為に買取り額から差し引かれるお金が手数料です。
業者によってもその割合は違っている場合も有りますが、大体10%程度が相場となっています。
ただ手数料は発生する業者と発生しない業者が存在しています。
発生しない業者の場合は、その業者独自の金の販売ルートが確保されていて赤字分が出にくい場合や、金製品に付属している宝石で利益を得ている可能性等があります。
またその金額自体は法律でいくらにしなければいけないと決められているわけではない為、大体は買取り額の10%程度となっていますが、金買取業者によってはそれ以上の割合で請求される所もないわけではありません。

金買取の際に必要な物はある?

金買取の際に必要な物はある? 貴金属店に金買取を依頼する際に必要な物は、対象の金製品と本人確認書類だけです。
金製品については、付属品がある場合はそれもすべて店側に提示しましょう。
本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど、氏名、職業、生年月日、住所が確認可能な身分証明書を、店頭に持ち込む場合や訪問買取を利用する場合は原本を、宅配買取サービスを選択する場合は適当な大きさの紙にコピーしたものを用意しましょう。
ただし、ケースによってはこの他にも必要な物があります。
例えば、本人以外の者が金買取を依頼する場合は委任状が必要であり、依頼者が未成年者である場合は親権者からの同意書などが必要です。
委任状の様式は特に指定しない店舗が多いですが、同意書についてはホームページに様式が用意されているのであれば、それをつかって作成しましょう。
また、買取価格が一定の金額を超えると、店舗によっては個人番号カードの提出も求められることがあります。
もし、個人番号カードが無い場合は通知カードと住民票記載事項証明書を用意しましょう。